ホーム  >  お茶のおいしいいれ方  >  日本茶のおいしいいれ方  >  煎茶のおいしいいれ方

煎茶のおいしいいれ方

煎茶のおいしいいれ方(2人分のいれ方)

おいしさの目安

茶葉の量 4g
湯の温度 上級煎茶 80度
普通煎茶 90度~熱湯
湯の量 200ml
浸出時間 30秒
ポイント
上級煎茶はうま味成分(アミノ酸)を豊富に含むため、渋味を抑えてうま味を充分に引き出すよう、低温でいれます。また、普通煎茶は上級煎茶に比べ、うま味成分(アミノ酸)が少なめで、渋味成分(カテキン)を多く含むため、香りと適度な渋味を引き出します。
1イメージ 1 茶葉を入れる。
(4g:ティースプーン2杯)
2イメージ 2 お湯を一度湯のみに移す。
(お湯の温度:80度)
※普通煎茶の場合は、ポットのお湯を直接急須へ。
3イメージ 3 湯冷ましした湯を注ぐ。
浸出時間:約30秒
4イメージ 4 少しずつ均等に注ぎ分け、最後の1滴までしぼりきる。
煎茶ティーバッグのおいしいいれ方
  • 茶葉の量 カップ1杯にティーバッグ1個。
  • 湯の温度 ポットのお湯を注ぐ。
  • 充分に蒸らす 時間がきたらソーサーをとりタグをもって3~4回振る。
  • 静かに引き上げる 最後はスプーンなどでしぼらず、静かに引き上げる。

ページの先頭へ戻る